100本のバラ専門店を始めたきっかけ


本当にありがたいことに応援してくださる方が増え、100バラの話をすることが多くなりました。

その中で「なぜ100本のバラ専門店を始めたの?」とよく聞かれます。

きっかけは幼馴染の親友がプロポーズで贈った100本のバラ。

「プロポーズしたい。100本の赤いバラで花束を作って欲しい」

花屋になりたてで、ろくに大きい花束すらも作ったことのなかった僕には時期尚早な仕事でした。

それでも親友のプロポーズ成功を願う一心のみで
冬なのに汗をかきながら夢中になって作り上げたのを
昨日のことのように覚えています。

プレッシャーでガチガチに緊張した親友に会い
ヘトヘトな僕は完成した花束を渡し、
ただただ成功を祈りました。

結果は無事大成功。いまでは二人の可愛い子供に恵まれ
とても幸せな家庭を築いてくれています。

この出来事から僕にとって
100本のバラとは幸せの象徴なのです。
受け取る人はもちろん、贈る側も。
また作る僕自身も幸せになれる。

そう信じて100本のバラ専門店を立ち上げました。

渡す前からドキドキは止まらず、花束の重みを忘れるほどの緊張感。
ついに渡した瞬間のあの人の笑顔は、焼き付いて離れないほど美しいことでしょう。

一生涯忘れることのない、圧倒的に美しい100本のバラが作り出すその光景とともに
幸せな時間を過ごす人が増えてくれたら。

そう願ってやみません。

100本のバラ専門店
hanaha株式会社 代表取締役
本間直紀

コメント

タイトルとURLをコピーしました