一流に触れること

「生産者でも花屋でもなく、お客さんのもとで一番綺麗に咲くバラを届けたい」

初めて見学に行かせていただいた宮本園芸社長と。一流の心構えを学ばせていただきました。

これは初めて産地の見学に行かせていただいた生産者さんの言葉です。

一流のバラを扱ってみて初めて感じる力強さやさらに奥深い花の魅力。

もっと、ずっと本物に触れていたい。

そのためにはもっと良い仕事をしなければいけない、そんな気持ちにさせてくれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました