見た目の美しさへのこだわり

細やかなところですが、この長いガクを切ることで純粋な赤のみを楽しめる花束に仕上がります。

徹底的に100バラの美しさを楽しんでいただくため、細やかなところにも気を配っています。

 

バラには花のすぐ下に「ガク」と呼ばれる部分があります。写真で黄色い円に囲まれたところです。

 

ガクは通常短いのですが、まれに長く発達するものがあります。

 

そうすると、100本束ねあげた時にバラの間から長いガクが少し見えることがあります。

 

通常の花束であれば自然のまま残しておくのですが、

100バラは圧倒的な赤が印象的な贈り物。

 

ここも1本ずつ細かくチェックし、

短く処理をしてから束ねあげていきます。

 

ちょっとした工夫の積み重ねが大きな差を生むことを知っているからこそ妥協なく、丁寧な制作をしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました