こだわり・理念と想い

「開く」と「咲く」の圧倒的な違い

まずこちらをご覧ください。

東京都・宮本園芸さんのバラ
「ブリランテ」です。

入荷してから1週間ほどでこのようになりました。↓↓

↓こちら↓は2020年2月中旬に入荷した愛知県JA豊橋「アマダ」という品種。
入荷してから1週間ほど経過しています。

そしてこちら↓は
2020年3月上旬入荷・群馬県伊勢崎のひぐちバラ園さんが育てられた
「ブロッサムピンク」という品種。
当店では”スタンダードピンク系”のオーダーで活躍していただいています。
こちらもやはり入荷してから1週間ほど経ったところです。

どれもいつまで眺めていても飽きない、
息をのむほどの美しさです。
色とあいまって
豊かな花びらの重なりが生む
深みと咲き姿の色気がありますね。

それはこのバラ達が「咲いて」いるから。

一般的にバラを含め多くの花が「つぼみ」の状態で出荷されます。
少し極端ですがこのような感じですね。↓↓

このくらいの状態で店頭に並んでいるのを見たことがある人もいるでしょう。

「花はつぼみから飾る方がもつ」と信じている方もいます

しかしそれは違います。

理由を説明していきます。

まず、
つぼみの状態のお花はまだエネルギーを十分に貯め切れていないものが多い
若すぎる わけですね。
これは花びらを成長させ「開く」ことで精一杯の状態。
そこから自己を表現する余裕がありません。

経験と準備が十分でないのに
ステージに立ってしまった演者さんのようなイメージですね。

一方しっかり時間をかけ、お花にエネルギーが蓄えられてから
切って出荷するものは「バラ本来の美しさで咲く」のです。

花びらは反り返るほど力強く、
誇らしく自信たっぷりに広がっていきます。
咲くにつれ、
つぼみの頃とはまるで別の花のような
色気を感じさせてくれるのです。

ここまでで
すでにおわかりいただけているかと思いますが、

100本のバラ専門店が仕入れるのはもちろん「咲く」バラのみ。

より良いものを追及し、
学べば学ぶほど譲れないコダワリは増えていくものですね。

🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹

「プロポーズ」
「記念日」
「誕生日」
「卒業」
「百寿のお祝い」

”一生の思い出” を贈る。
国内最高級品質のバラのみで作る
100本のバラの花束🌹

お申込みはこちら

ABOUT ME
アバター
100本のバラ専門店代表 本間
日本初・国内最高級品質のバラを100本使用した花束のみを取り扱う専門店を運営しています。 「一生の思い出を贈る」がコンセプト。 大切な贈り物のことですから不安なことや疑問がたくさんあると思います。 どうぞお気軽にお問合せ下さい。 忘れられない素敵な思い出が作れるよう、誠心誠意対応させていただきます。
公式販売ページへはこちらの画像をクリック

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です