リスクを超えた先にある魅力

先日の投稿で「開く」と「咲く」の違いについて

説明させてもらいました。
「咲く」バラの魅力について少しでも伝わってくれたことと思います。

「開く」と「咲く」の違いについてのブログはこちら

 

ではなぜ「咲く」バラだけを出荷しよう、とならないのでしょうか?

その3つの理由を説明していきます。

 

1.「輸送効率」

圃場(ほじょう)でよく咲かせてから出荷するものは花が大きく、箱や輸送用バケツに入れられる本数が少なくなります。

一回あたりの輸送コストを下げるには本数がたくさん入れられるサイズの方が良い、というわけです。

つまり単価に影響してきます。

「咲くバラ」=高い

「開くバラ」=安い

というのが一般的な図式です。
高いバラはどうしても売れにくく生モノであることからロス率も考慮しなければいけません。

また花の大きいものは輸送中に花びらのスレも発生しやすいというリスクもあります。

2.「生産効率」
バラに限らず、多くの植物に言えることですが
今咲いているお花を切ってあげることで次の花へ栄養を送り、
次々と咲かせることができます。

1本1本をじっくり咲かせるということは
それだけ時間をかけ、栄養を集中させているということ。
採れる本数も少なくなります。 (品種によって採花率は異なります)

 

3.「管理リスク」
花が大きく花びらの枚数が多いバラを育てるには、湿度管理がとても大変です。


湿度による被害で特に代表的なのは「ボト」と呼ばれる茶色いシミができる病気。
空気中に含まれる菌が原因のため、完全に防ぎきるのは難しいです。

花びらの多いバラの根本には特に湿気が溜まりやすく、じっくり育てていく過程において病気になり、出荷できなくなってしまうリスクがあるのです。

 

————————————————————————

これらの3つの理由により
じっくりと「咲く」バラを育てていくにはリスクがあります。

 

でも私たちが求めるバラの本当の魅力はその高いリスクの先にある
これらは個人の好みや金額といったところにも関係してくるので、
何が正解というものではありません。

ただバラの持つ素晴らしい魅力を味わえる「咲く」バラこそ、
生涯の思い出となるシーンにふさわしい。

僕は心からそう信じ、これからも「咲く」バラを選び続けていきます

コメント

タイトルとURLをコピーしました